スタッフ日記

明けましてはじめまして。

Updated : 2006/1/9 月曜日

皆様、はじめまして。
カノン工房の横平 怜士<よこひらさとし>と申します。

昨年の春前に、鈴木に声を掛けてもらい(一説にはそそのかされ)、バイクの荷台に衣装ケースをくくりつけ、東京にやってまいりました。

次から次へとやってくるお仕事と、あふれかえる標準語にまみれているうち、ふと気が付けば間も無く一年近くが経とうとしています。

なんにせよ、今頃になってはじめまして、とは何たる職務怠慢、おおいに反省しております。ごめんなさい。どうぞお見知りおきを。

さて、私、大阪にいる時も、劇団員生活やアルバイトの傍ら、小屋についていたり、自分でも役者をしたりと、そこそこアーティスティックな物に触れていた、と思っておりました。

だがしかし、社員として、ほぼ毎日それらに携わる、という経験は、やはり思っていたよりも自分には新鮮で、文字通り、カルチャーショックな一年でありました。

ただ、それは「よく言えば」という感じで、実際のところは、今まで見たこともないようなダンスや、素晴らしい楽器演奏、なかには正直、今の自分にはよくわからないパフォーマンスなど、新しいアート表現に触れるにつけ、
「ああ、自分の見識は、アートに興味のない人と同じではないのか?」とネガティブになったり、「おお、こんな感動するものは、どんどんみんなに見せてあげたい。」とポジティブになったり。波間に漂う笹船のように、あっぷあっぷ。

アップダウンな日々でもあります。

とはいえ、入社二年目をむかえ、また、カノン工房が10周年を迎える3月12日の前日には、自分自身も結婚という節目を迎えたりもしてみたり。

いつまでも笹船というわけにはいきません。せめて木の船体と、マブチのモーターを取り付けて、肩で息しながらでも、ただ波に踊らされるだけ、ということの無いようにしていきたい、年頭にあたり、そう思っております。

それでは、皆様にとっても、今年は良い一年になりますから、本年もより一層、カノン工房をお引き立てくださいますよう、お願いいたします。

平成18年1月  トッパンニューイヤーコンサートのリハーサルを聞きながら
カノン工房 横平怜士

<<戻る


音楽家・芸術家が芸術活動に集中できるようサポート




加藤訓子BACHカテドラルツアー2017
6月10日~10月27日(日本&世界ツアー)
加藤訓子「バッハを弾く。」



[リンクのページ]

[終演のお礼](公演実績)



コンサートマネジメント会社カノン工房とは・・・

コンサートホールおよび劇場運営業務に関するご提案など

ホール運営などに関するお問合わせもぜひ・・・。

  • お問合せ