Raphaël Favre&Chiho Togawa リートデュオ・リサイタル

マチネ昼の公演は完売いたしました! ありがとうございます! 当日券もございません。ソワレ公演はまだ余裕がございます。当日券も発売する予定です。ご来場をお待ちしております

ソノリウム「映像と音楽」共催シリーズ2011参加企画

ラファエル・ファブル&外川千帆 リートデュオ・リサイタル[歌曲の響]vol.3
「ハイドンとシューマンの歌曲」~写真家・山本英人氏とともに~

0227chirasi.jpg

本場ドイツをはじめ、ヨーロッパ各地で注目を集める、ラファエル・ファブル(テノール)&外川千帆(ピアノ)の二人による、繊細で洗練されたリートデュオを、ドイツの風景写真を背景にご堪能いただきます。
耳と目で、ドイツリートの心をお楽しみください!

<プログラム>
ハイドン作曲「さすらい人」「彼女は決して愛を語らず」
シューマン作曲「リーダークライス op.24」「6つのレーナウの詩による歌曲とレクイエム op.90」

<出演>
ラファエル・ファブル(テノール)
外川千帆(ピアノ)

<写真>
山本英人

開催/2011年2月27日(日) マチネ14時  ソワレ18時30分
※開場は各30分前

入場料金/4,000円  【チケット好評発売中!】

会場/ソノリウム Tel: 03-6768-3000
http://www.sonorium.jp/index.html
168-0063 東京都杉並区和泉3-53-16 FAX 03-6768-3083
京王井の頭線 永福町駅下車(北口) 徒歩7分
東京メトロ丸の内分岐線 方南町駅下車 徒歩10分
※駐車場のご用意がございませんので、お車でのご来場はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

●プロフィール●

【リートデュオ ラファエル・ファブル&外川千帆】

2004年、チューリッヒ音楽大学に在学していた二人がデュオを結成。同年、国際シューベルトと現代音楽コンクール(オーストリア/グラーツ)で、2007年フーゴー・ヴォルフ・アカデミー国際歌曲音楽コンクール(ドイツ/シュツットガルト)で、ともに第3位受賞。2008年、ルードヴィヒスブルク音楽祭、バート・ヴェリスホーフェン音楽祭に出演。NHKやORF(オーストリア国営放送)やRSR(ラジオ・スイス・ロマンド)では、リーダーアーベントが生放送された。ドイツ、スイスをはじめとするヨーロッパで数々の演奏会に出演。各地で高い評価を獲得し絶賛をされる。

photo-rfavre.jpgRaphaël Favre /ラファエル・ファブル (テノール)

スイス出身。チューリッヒ音楽大学にて、クリストフ・プレガルディエン氏、ハルトムート・ヘル氏に師事。2006年にソリスト・ディプロマを最優秀の成績で卒業。在学時に外川千帆とリート・デュオを結成。ソリストとして、スイスをはじめヨーロッパ各地で活躍。M・コルボ指揮ローザンヌ器楽アンサンブルをはじめ、J・シュルツ、J・デュクスバリー、G・マルティネス、P・キュルッティなどの各氏の指揮のもと、数多くのオーケストラと共演。フランス/ノアルラック音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ/ナント、リスボンでのフェスタ・ラ・ムジカなどをはじめとするヨーロッパ各地の音楽祭やアンサンブルなど、多岐にわたって活動している。
レパートリーはルネッサンスから現代曲までと幅広く、オペラの分野ではモーツァルト作曲「魔笛」、ハイドン「騎士オルランド」、チマローザ作曲「秘密の結婚」、ヒンデミット「今日のニュース」などに出演。もっとも得意とするオラトリオの分野では、モンテヴェルディ作曲「聖母マリアの夕べの祈り」、J・S・バッハ作曲「ロ短調ミサ」、「ヨハネ受難曲」、「マニフィカト」、「ミサ・ブレヴィス」、「クリスマスオラトリオ」、ヘンデル作曲「メサイア」、「快活の人、沈思の人、温和の人」、ハイドン作曲「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」、モーツァルト作曲「レクイエム、」「ハ短調ミサ」、ベートーベン作曲「ミサ曲ハ長調」、メンデルスゾーン作曲、カンタータ「ラウダ・シオン」、シューベルト作曲「ミサ曲変ホ長調」、ドボルザーク作曲「ミサ曲ニ長調」、ヘルツォーゲンベルク作曲「受難」、マルタン作曲「魔法の酒」などがある。スイス・ベルン在住

chiho-photo.jpgChiho Togawa / 外川 千帆 (とがわ ちほ)

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部器楽科ピアノ専攻、同大学大学院修士課程(ピアノ専攻)卒業。在学時に、東京芸術大学学生オーケストラとプーランク作曲「2台のピアノの為の協奏曲」を共演。日本演奏連盟推薦新人演奏会にて、円光寺雅彦指揮、仙台フィルハーモニーオーケストラとモーツァルト作曲「ピアノ協奏曲第23番」を共演するなど、数々の演奏会に出演する。第49回岩手芸術祭にて芸術祭賞を受賞。
東京芸術大学在学中より、積極的に声楽を中心とした伴奏活動を開始。1999年にロータリー財団国際親善奨学生として、2001年からは文化庁在外派遣研修員として、ドイツ・ミュンヘン音楽大学に留学。歌曲伴奏科に在籍し、マイスターディプロムを得て卒業。ミュンヘン音楽大学在籍中より同校の伴奏員を務め、その後スイス・チューリヒ音楽大学の歌曲クラスにて、さらなる研鑽を積み、審査員から最高点と特別の賛辞を得て卒業、演奏家資格を得る。
伴奏者として、第73回日本音楽コンクールにて、コンクール委員会特別賞(共演賞)を受賞。2005年、第4回ヒルデ‐ツァデック国際声楽コンクール(オーストリア/ウィーン)で公式伴奏者を務める。また、ベルギー・アンギアンで開催された白井光子氏のマスタークラスに伴奏者として起用された。
ラファエル・ファブルとのデュオを2004年に結成。2008年に、ルードヴィヒスブルク音楽祭、バート・ヴェリスホーフェン音楽祭に出演。ヨーロッパ各地や日本で、歌曲伴奏を中心に、幅広く演奏活動を展開している。
これまでにピアノを小林博子、粕谷喜久子、神野明、堀江孝子、多美智子氏の各氏に師事。歌曲伴奏をヘルムート・ドイチュ、白井光子&ハルトムート・ヘルの各氏に師事。レオナルド・ホカンソン、ブルーノ・カニーノ各氏のマスタークラスを受講。ドイツ・ミュンヘン在住。www.togawa.de

アンドビジョンさんによるインタビュー記事→http://www.andvision.net/interview/317-chiho-togawa-piano-accompanist.html

【写真家 山本英人】

eijiyamamoto.jpgEiji YAMAMOTO / 山本英人(やまもと えいじ)

フリーの写真家。これまでに個展やイベントなどでの展示をはじめ、書籍や雑誌、パンフレット、ポスター、チラシ、ポストカードなどの出版物、ドイツ語教科書や教材、その他インターネットテレビ、写真スタジオの背景スクリーンに写真が採用されるなど、多彩な分野で活躍。写真活動の傍ら現地にて公認歴史ガイドとして、国際的なイベントでの講師や月刊誌に歴史観光ジャーナリストとして記事を連載。NHKをはじめ幾度かラジオに出演。そのほか複数の国会議員からなる内閣委員会のドイツ視察講師を務める。ドイツ・ザールブリュッケン在住

🎶9月25日(月)19時開演@東京めぐろパーシモン小ホール
川島基ピアノリサイタル2017
※9月9日(土)14時開演@岡山県立美術館ホール公演もございます。


音楽家・芸術家が芸術活動に集中できるようサポート




加藤訓子BACHカテドラルツアー2017
6月10日~10月27日(日本&世界ツアー)
加藤訓子「バッハを弾く。」



[リンクのページ]

[終演のお礼](公演実績)



コンサートマネジメント会社カノン工房とは・・・

コンサートホールおよび劇場運営業務に関するご提案など

ホール運営などに関するお問合わせもぜひ・・・。

  • お問合せ