ピアニスト/浦壁信二

urakabesinji.jpg
浦壁 信二/Shinji Urakabe

ピアニスト/作曲/編曲/監修

1969年生まれ。4歳からヤマハ音楽教室に入会。’81年のJOC(ジュニアオリジナルコンサート)国連コンサートに参加、ロストロポーヴィッチ指揮ワシントン・ナショナル交響楽団と自作曲を共演、その他にも各地で自作曲を多数のオーケストラと共演。’85年都立芸術高校音楽科、作曲科に入学。’87年渡仏しパリ・コンセルヴァトワールに入学、ジャニィヌ・リュエフ、ベルナール・ドゥ・クレピィ、ジャン・ケルネル、ミシェル・メルレの各氏に師事。和声、フーガ、伴奏で1等賞、対位法で2等賞を得る。ピアノをテオドール・パラスキヴェスコに師事。その他ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、イェルク・デームス両氏等のマスタークラスに参加。’94年オルレアン20世紀音楽ピアノコンクールで特別賞“ブランシュ・セルヴァ”を得て優勝、ヨーロッパ各地でリサイタルを行う。‘96年2月フランスでCD「スクリャービン、ピアノ曲集」をリリース、ル・モンド・ドゥ・ラ・ミュージック、チューン各紙で好評を得る。
‘95~’03年にはヤマハマスタークラスで講師を勤め、後進の指導に当たる。’03年アウローラ・クラシカルからCD「ペトルーシュカ」をリリース。’07年トッパンホールにて「20世紀のスタンダードから」と題してリサイタルを開催。’10年にはEIT(アンサンブル・インタラクティヴ・トキオ)のスロヴェニア、クロアチア公演に参加。’12年4月、3作目のCD「水の戯れ~ラヴェル:ピアノ作品全集Ⅰ」をリリース。レコード芸術誌において特選に選出される。同年4月20日トッパンホールにてリサイタル「浦壁信二 ラヴェル」を開催。NHK-FMや「名曲アルバム」を始め、TV、ラジオにも出演。アレンジ等も多く手がけている。
室内楽や、とりわけ伴奏の分野でも活躍、数多くの国内外のアーティストとの共演を果たし信頼を得ている。

cdravel.jpg 

『水の戯れ~ラヴェル:ピアノ作品全集 I 』

「水の戯れ」 6:00
「グロテスクなセレナード」 3:46
「亡き王女の為のパヴァーヌ」 6:50

「ソナチネ」
Ⅰ.モデレ 4:51
Ⅱ.メヌエット 3:30
Ⅲ.アニメ 4:02

「鏡」
Ⅰ.夜蛾 4:55
Ⅱ.悲しき鳥たち  3:57
Ⅲ.海原の小舟 8:28
Ⅳ.道化師の朝の歌 7:57
Ⅴ.鐘の谷 6:31

「ラ・ヴァルス」 12:26
「ボロディン風に」 1:41
「シャブリエ風に~グノーの「ファウスト」第Ⅰ幕のアリアによるパラフレーズ」 2:11

TOTAL 77:05

定価:3000円

CDご希望の方はカノン工房までお申し込みください→ mailto:→office@atelier-canon.jp

浦壁信二のCD関連ページ(アマゾン)


音楽家・芸術家が芸術活動に集中できるようサポート




加藤訓子BACHカテドラルツアー2017
6月10日~10月27日(日本&世界ツアー)
加藤訓子「バッハを弾く。」



[リンクのページ]

[終演のお礼](公演実績)



コンサートマネジメント会社カノン工房とは・・・

コンサートホールおよび劇場運営業務に関するご提案など

ホール運営などに関するお問合わせもぜひ・・・。

  • お問合せ